初めての一人暮らしにオススメ!後悔しない物件の探し方とは

まずは自分の予算をしっかり計画する

3月になると、入学や入社のために一人暮らしを始める方も多いですよね。新しい生活を気持ちよくスタートするためには、納得のいく住処を見つけることが重要です。まずは予算を具体的に計算し、生活費に支障がない計画をしましょう。これまでに物件を借りていた方なら、ある程度この重要性がわかると思います。しかし、初めての方はついつい部屋の間取りやアクセスの良さを優先し、家賃の高さを犠牲にしてしまう方が多いですよ。この場合、いつか金銭的に破綻するのは簡単に予想できます。あくまでも、地に足がついた家賃の中から選ぶ方法が基本です。

物件の下見でチェックするポイントその1

ここからは、実際に物件を下見するポイントを紹介します。物件をチェックする際は、まず周辺環境をチェックしましょう。初めての方は、室内だけをチェックしがちです。しかし、まずはその場所が問題ないのかを調べます。周辺に子供が多い施設や、工事現場がある場合は、騒音トラブルに発展する可能性がありますよね。また、入居者のマナーが悪い場合も、隣人トラブルになる可能性があるので、事前にしっかりチェックしておきましょう。

物件の下見でチェックするポイントその2

続いて紹介するポイントも、下見をする際に注意深くチェックすべきポイントです。部屋の中で不自然に新しくなっている箇所を探してみてください。入居者が変わるたびに、壁紙やフローリングを交換するケースはよくあります。しかし、バスルームのミラーが不自然に外されている場合や、排水パイプが後付けになっているなどの不自然なリフォームは稀です。この不自然な状態は、何かしらの事故や事件によってもたらされたリフォームの可能性があります。もし見つけた場合は、事故物件サイトなどで調べてみましょう。

桑園の賃貸は周辺に医療機関や娯楽施設、ショッピングモールなどがある事もあり、その利便性の高さから人気です。