賃貸にかかる費用を知ろう!敷金は本当に無料が良い?

敷金と礼金の違いを知ろう

賃貸物件を探すときによく話題になる初期費用として敷金と礼金があります。一括りにして安ければ良いと考えられてしまいがちな費用ですが、本当に安い方が良いのかどうかはよく考えなければなりません。敷金と礼金は決して同じ意味合いのある初期費用ではありません。礼金は大家さんに対して支払う初期費用なのに対し、敷金は預け金として支払わなければならないものです。家賃を払い忘れてしまったときに敷金から大家さんがお金を徴収するというのがよくある使われ方です。その結果として保証会社を利用しなくても物件を借りられることもあります。また、原状回復のときにかかる費用を敷金から供出するというのも典型的です。退去の際にトラブルが起こりにくくなるという視点でも、ある程度は敷金を払っておくのは賢いと言えます。

初期費用は他にも必要

敷金や礼金の他にも賃貸物件を借りるときにはいくつもの初期費用がかかります。不動産会社には仲介手数料を支払うことになり、賃貸契約をするときには火災保険に加入しなければならないでしょう。物件によっては鍵交換代やクリーニング代などもかかるため、十分に初期費用としてすぐに支払える現金を確保しておくことが大切です。敷金や礼金は初期費用の中でも大きな金額になりやすいですが、交渉して減らせることもあります。礼金をなしにしてもらえると実質的に出費が減るので交渉してみると良いでしょう。家賃に比べると初期費用は交渉が通りやすいので積極的に話を切り出してみるのが大切です。

旭川の賃貸を探すには、インターネットで自分の条件に合った部屋を様々な観点から探すことが重要となります。