生涯にわたって安心して住める住宅を建てるにはどうすれば良いの?

注文住宅の購入までの流れを把握しよう

注文住宅は、一般的な建売住宅と比べて住宅の構造やデザインなどに工夫することができ、生涯にわたって一戸建てで生活を送りたい人にとって大きな魅力があります。そこで、納得のいくサポートをしてもらえる購入先を選ぶにあたり、各地で注文住宅の施工を受け付けているハウスメーカーや工務店に早いうちから問い合わせをすることがおすすめです。また、注文住宅の購入の流れについては、それぞれの依頼先の方針に大きく左右されるため、無料相談の機会を利用して、担当者から詳しい説明を聞くことが大事です。なお、注文住宅に使用する木材の種類や工法にこだわる際には、対応できる業者が限られることがあるため、多くの施工事例のある業者の特徴を優先的にチェックしてみましょう。

注文住宅の間取りを決める時に重視したいこと

注文住宅の間取りを決める際には、子どもや高齢者に配慮をすることがとても大切です。特に、育児や介護のためにゆとりのあるスペースを確保したい場合には、経験豊富な建築士に理想的な間取りを提案してもらうと良いでしょう。また、間取りを広くする場合には、部屋の数が少なくなったり、インテリアの選び方に工夫が必要になったりするケースもあり、余裕を持って色々な間取りの特徴を比較してみることが大事です。最近では、住宅展示場などに出向いて人気の注文住宅の間取りについて、実績のあるハウスメーカーの担当者からアドバイスをもらうこともできます。その他、予算の範囲内で希望条件に合う間取りを考えるうえで、複数の業者の見積もりを早めに確認することがポイントです。

洋風建築など高いデザイン性を意識した住宅が注目されています。特に足立区の注文住宅は、敷地面積を小さくすることでコストダウンを図っています。