オール電化にしよう!経済的な負担が小さいだけじゃない?

オール電化は光熱費を一本化可能

オール電化にすると経済的な負担が小さくなると言われています。これは光熱費を一本化できるからで、たとえ電気とガスの単価が同じだったとしてもガスの基本料金分だけ安くなると考えられるでしょう。一方、電気の自由化が進んだことで経済的に使える電力会社を選びやすくなったのも節約できるポイントです。昼間電力に比べるとかなり安くなっていると夜間電力を使うようにするだけでも大幅に光熱費を節約できます。家賃が1000円や2000円高いだけならオール電化にした方が全体としては安上がりになる可能性があります。どのようなライフスタイルかにもよりますが、前向きにオール電化の物件を検討してみましょう。

安全面でも魅力的なオール電化

オール電化にしてある賃貸物件を選ぶと経済的な負担が軽減されるだけでなく、安全面も確保されるという魅力があります。最もわかりやすいのがキッチンで、ガスコンロではなくIHクッキングヒーターになるのがオール電化の特徴です。IHクッキングヒーターでは火を使わないので火災のリスクが少なく、やけども起こりにくいでしょう。安全面とは直結しませんが、コンロの掃除のしやすさもIHクッキングヒーターは優れています。ガスを燃やすという行為を一切しないので、機器トラブルがあったときにも火災が起こりにくいでしょう。また、プロパンガスのように大量のガスを近くに置いておくこともありません。ガス漏れによるガス中毒などのリスクもなく、安心して住めるのがオール電化の魅力です。

千歳の賃貸は3万円以下の物件が豊富にあり、一人暮らしをするための住まいも探しやすい環境となっています。