知っておこう! 戸建て住宅のメリットとデメリット

購入後もお金がかかる

戸建て住宅は注文住宅と建売住宅に大別されます。どちらの住宅を手に入れたとしても、購入後に負担するコストがあることを忘れないでください。住宅ローンをすべて返済したとしても、経済的負担がゼロになるわけではないのです。その負担とはメンテナンス費用です。住宅の設計や建築方法で多少の差はありますが、およそ10年をひとつの区切りとしてメンテナンス(またはリフォーム)が必要になります。外壁の再塗装がその一例で、風雨などにより劣化した塗装を放置すると外壁の本格的な劣化につながります。木造建築の住宅は特に配慮が必要です。室内の場合、キッチンやトイレなど水回りは設備が傷みがちです。新築の物件なら当面はメンテナンスの心配はありませんが、将来のメンテナンスは避けられないので予算を積み立てておくとよいでしょう。

夢が広がるマイホーム

庭をふくめて家族の理想に近い家に住めるのが戸建て住宅のメリットです。予算の制限はあるものの、注文住宅であれば設計の段階から家族の意思を反映させることができます。住宅設計の専門知識がなくても、ハウスメーカーのスタッフがしっかりとサポートしてくれるので安心してください。建売住宅は注文住宅ほど設計の自由度はありませんが、家がすでに完成していることが最大のメリットです。購入を検討するときは居住予定の物件を見学できるので生活のイメージがわきやすく、購入契約が完了すればすぐに引っ越せます。住宅購入後、転勤などやむを得ない理由で住めなくなったとしても、貸したり売ったりできることを忘れないでください。

国立は、学園都市として美しい環境が保たれています。そのような環境にある国立の戸建ては優雅で上品な佇まいが特徴です。